タイプ別の腰痛

おじぎタイプ
肩ではなく腰に問題があるタイプです。
体は重い頭を骨盤からつながった細い背骨でささえています。
骨盤がゆるくなると背骨を支えるのにバランスが悪くなって肩甲骨が傾いてしまう。
重心のバランスが悪いために10秒間片足で立たせてみるとゆれてしまいます。
レントゲンを撮ると背骨が曲がっているし、正面から見ると肩がまっすぐではありません。
そしてストレートネックにもなっています。
腹筋を鍛える
おへそをのぞき込む姿勢を5秒間キープ。
歪んだ背骨を改善できます。
ハの字タイプ
五十肩が隠れている可能性がある。
肩関節に炎症が起きて痛くなるので、肩甲骨が広がって動こうとしてしまって開いてしまう。
五十肩の初期の人はたんなる肩こりと勘違いする。
小さく前習えをして45度開かなかった人はハの字タイプになります。
手のひらを上にして、どうぞとするようにゆっくりと動かす。

コメントは受け付けていません。