何かミスをしたとき

何かミスをしたときには謝るしかない。
そう思うのに、問題を起こしたうえで記者会見をするのに失敗する人が多々見られますね。
というか、最近はなんでもかんでも記者会見が多すぎですよね。
記者会見イコール謝罪というイメージが強いです。
ただそこで、誠心誠意謝るとか真実を語らないと火に油を注ぐどころかガソリンを投げ込むくらいのことになってしまいます。
芸能人でも誰でもそうだったじゃないですか。
その場その場でうそをついて取り繕ってきて、それが成功した人っていましたっけ?
まだ誤魔化せるかも、自分をよく見せることができるかもって気持ちでやって、うまくいった人っていましたっけ?
潔く、やっちゃったものは謝罪するべき。
記者会見をする立場じゃなくてもわかることなのにどうしてなんですかね。

コメントは受け付けていません。