命を預かるという大変さ

命を預かるという大変さを簡単に考えている人がいるということが信じられません。
ペットをしつけるところに預ける人が緊急事態宣言以降に増えているそうです。
はじめて犬を飼い始めた人が多くなっているわけですね。
コロナ過で在宅になるので飼い始めた人などは単純ですね。
初歩的な相談であまがみ、トイレ、散歩で歩けないなど。
手放す人も多くなっているって。
思っていたのとは違ったって、身勝手すぎて腹が立ちます。
なにごとも自分の思い通りになんていかないでしょう。
ペットと心を通じ合わせるのが簡単にすぐに出来ると考えるのが浅はかです。
可愛いだけのものなら、生きていなくてもいいわけです。
責任をもつことが出来ない人は飼ってはいけません。

コメントは受け付けていません。