「狂犬の眼」

柚月裕子さんの「狂犬の眼」を読みました。
シリーズとしては2話目であり、前作は未読ですけどまあいいかなって思って読んだんです。
極道ものって久しぶりに読みましたが、どこぞの組長とか登場人物が多すぎて頭の中にさっぱり入ってきません。
主人公の警察官の前回の活躍を知ってから読んだ方が良かったかな。
極道でも仁義というか約束は守る。
そこは素晴らしいのですが、警察官なのに極道と杯をかわしてしまって驚きました。
あとストーリーにまったくついていけませんでした。
一番の問題は主人公に同意できなかったところだとは思いますけど、続編はもう読まなくていいかなと思いました。
前作は映画にもなっているようで、続編よりも前作の方が興味あります。