繊維メーカーの転職の職種について

繊維メーカーの中途採用は、スキルとマネージメント経験のある人材が求められる

繊維メーカーの求人では、新卒入社は事務職か技術職かで分けられますが、中途採用ではスキルやマネージメント能力ごとに人材募集をしています。例えばプラント工場経験やCAD経験など繊維業界特有のスキルを持った人材や、海外事業支援スタッフやプロジェクトマネージャーなどの求人が多くみられます。

求人される職種や求人される時期は各企業の状況によってランダムなので、常に求人募集をチェックしておくことが必要です。

営業スキルの求人では繊維業界経験者が人気

繊維メーカーの転職の特徴の1つに、業界内での転職者が多いことがあげられます。これは、繊維業界で必要な知識が専門的かつ他社と共通していることが多いためで、営業職の場合でも、業界経験者あるいは素材メーカー経験者は人気を集めます。

また繊維業界は海外に顧客や生産拠点を持つ企業も多く、海外営業や現地赴任の経験者に求人がかかることも頻繁にみられます。特に大手企業の場合は、こういった業界経験を応募資格・優遇条件とすることもあります。もちろん業界経験を問わない求人も多く、自動車やアパレル、衣料や土木といった分野への素材営業の求人がみられます。

技術スキルの求人では繊維加工、エンジニアリング経験者が多い

技術系職種の場合も繊維業界内での転職が多く、特定の繊維関連技術を有する人材が多く募集されます。特に高分子合成や化学ブラント運転、繊維の機能加工や織物設計といったスキルは重宝されます。

繊維業界以外からの転職では、エンジニアリングやシステム開発の求人が多く、即戦力として現場に入れる人材が求められます。職種によっては高専卒以上の知識を求められることがあります。

マネージメントスキルの求人では、部長クラスや海外経験者の募集も

マネージャーとしての求人では、部長やプロジェクトマネージャー以上の求人が主立っており、課長以下の役職は求人として表に出ることは稀です。マネージャー求人では過去に担当したプロジェクトの規模や部下の数が目安として提示されることが多く、海外経験者は特に歓迎されます。英語や中国語とはじめとした外国語でのビジネスができること(TOEIC600点以上~)も優遇条件によくあげられるポイントです。

繊維メーカー以外についても知りたい方はこちらなどもいかがでしょうか?高年収の弁護士の求人についてです。

 

人毛ウィッグをつくるためのボランティア

ヘアドネーションとは人毛ウィッグをつくるためのボランティア活動です。
オシャレのためではなくガンの副作用で抜け落ちてしまった人などが必要になります。
一つのウィッグをつくるのに30人分も必要でたくさんの髪の毛がいります。
長ければければ長いほど貴重。
トリートメント処理されるので髪質や白髪なども関係がないようです。
今注文すると二年後に届く。
しかしがん治療は投与から2.3週間後に抜けるので一年後にはウィッグを外している人が多いそうです。
患者さんは今すぐウィッグが欲しいと思っているという現状でも無理して作ると継続できません。
一つ作成するのに10万円。
美容室に募金箱があるところもあるそうです。
つい先日、美容院に行ったのにって思っちゃいました。

飽きっぽい性格だから転職がしたいです

私は性格が飽きっぽいので、すぐに飽きてしまうのです。
仕事でも転職をしたくなります。証券業界で転職を繰り返していた時期もあります。
こんな性格はよくないなと思うのですが、転職したくなったら、今の仕事がいやになってしまうので仕方がないでしょう。
友人もそんなにも何回も転職をしたら、仕事もうまくいかないでしょう。
とあきれています。
みんな考え方は違うと思うのですが、友人は全く転職をした経験がありません。
私から見たらすごいね!
友人は働いていて、こんな会社はいやだなとか思うことはないのでしょうか?
誰でも働いていたら、今の会社はいやだとか満足できないこともあるものではないでしょうか?
それなのに、嫌にならないで働き続けていかれる友人の気力は本当に感心してしまいます。
あなたはいかがでしょうか?
転職を考えた経験はあるのでしょうか?
仕事には、辛抱も重要になるので、
自分がいやだな!
と思ったからといって、すぐにその仕事をやめてしまったら、うまくいかないです。
今も、少し頭の中には転職してみたいと思う気持ちもあるのですが、友人もがんばって働いていますから、私も負けないで今の仕事を頑張っていかれたらいいですね。
あなたも働いていたら、このままだったら嫌だなと思うこともあるのではないでしょうか?