タイプ別の腰痛

おじぎタイプ
肩ではなく腰に問題があるタイプです。
体は重い頭を骨盤からつながった細い背骨でささえています。
骨盤がゆるくなると背骨を支えるのにバランスが悪くなって肩甲骨が傾いてしまう。
重心のバランスが悪いために10秒間片足で立たせてみるとゆれてしまいます。
レントゲンを撮ると背骨が曲がっているし、正面から見ると肩がまっすぐではありません。
そしてストレートネックにもなっています。
腹筋を鍛える
おへそをのぞき込む姿勢を5秒間キープ。
歪んだ背骨を改善できます。
ハの字タイプ
五十肩が隠れている可能性がある。
肩関節に炎症が起きて痛くなるので、肩甲骨が広がって動こうとしてしまって開いてしまう。
五十肩の初期の人はたんなる肩こりと勘違いする。
小さく前習えをして45度開かなかった人はハの字タイプになります。
手のひらを上にして、どうぞとするようにゆっくりと動かす。

薬剤師の地位向上

確かにそうだろうな、っていう、諦めに似た感情は、あります。あるにはあるんですが、もうちょっと薬剤師っていう職業にスポット・ライトが当たってもいいような気がしてます。

外科医がしばしば、ドラマの主役になりますよね。まぁ、手術のスリルとアクションは、テレビ向きだとは思います。が、そういったドラマとかで、薬剤師が扱われれば、もっともっとメジャーになる、つまりは、ギャラが上がる気がしませんか。

残念なわけです。薬剤師だって、医師と同様に、国家試験を通ってるわけですからね。でも、外科医は派手に扱われて、薬剤師は扱われません。いわば、日陰者。もっと暗いかもしれませんね。日が当たらないどころではなく、もしかしたら地中にいるかもしれません。

とは考えてるつもりですが、残念に思うのは事実なんですね。そして、メジャーになれば、給料も上がるはず、っていう、ちょっとヨコシマなことも考えちゃってます。精神的なことももちろん、給料の面でもアップを願いますね。

それにしても、薬剤師を扱ったテレビ・ドラマって、ないでしょ? あってもよさそうなものなんですけど、たぶん、ゼロでしょ。せめて、1件くらいはあってほしい感じですけど、1件もありませんよねぇ。前に薬剤師さんの志望動機(正社員採用)を見せてもらったんですが何か地位が低いというか下から目線なんですよね。。いつかは地位向上してほしいですね。